標準カリキュラムコース

標準カリキュラムコース

インターネットやコンピュータが高度に発展した現在において、ビッグデータ、IoT(Internet of Things)、AI(人工知能)技術が産業構造や社会構造を変革しています。また、第4次産業革命は情報化産業革命であり、これらの技術を産業や社会の様々な場面で活用していくことが求められています。

データサイエンスは、様々なデータを分析・解析し、そこから新しい知見や価値を生み出していく技術・手法です。数学や統計学を基礎とし、情報科学(プログラミング)によりコンピュータを活用して、様々な分野の専門知識と融合しながら、データから新しい価値を生み出していくデータサイエンスは、大学で学ぶべき新しい教養です。

神戸大学では、2018年度入学生から、データサイエンスの基礎を身につけることができる数理・データサイエンス標準カリキュラムコースを開設しました。

2018年度以降の入学生で対象学部(※)に所属している学生は、数理科目・統計科目・情報科目・データサイエンス科目のそれぞれで所定の単位数以上を修得し、かつ全体で14単位以上を修得することで、数理・データサイエンス標準カリキュラムコース修了認定証が授与されます。これらの科目は主に1~2年次生の科目からなっています。

※入学年度によって、対象となる学部やコース修了のために使うことのできる科目が異なります。詳しくは以下のページをご覧ください。

2019年度入学生向けページ
2019年度入学生向けページ
2018年度入学生向けページ
2018年度入学生向けページ