イベント

特別講義「データサイエンス特論1」・「データサイエンス特論2」

現在進行中の第4次産業革命においては、IoT、AI(人工知能)、ビッグデータの利用が鍵となり、データサイエンスが新しい学問分野を生み出し、様々なビジネスへの活用も進みつつある。この授業では、人工知能技術のユーザ側の企業と、技術提供企業(シーズ側企業)の事例報告を基に、データサイエンスの実質的応用について課題解決型ワークショップを行う。

データサイエンス特論1、データサイエンス特論2はデータ関連人材育成関西地区コンソーシアムの科目です。 コンソーシアムの認定を希望する学生は、通常の履修登録(うりぼーネット)に加え、別途申請が必要です。申請方法はこちらをご確認ください。

特別講義「データサイエンス特論1」

【日程】
2022年11月22日(火)・24日(木)・25日(金)
【対象者】
全研究科の大学院生(修士・博士課程)
【単位数】
1単位
【担当教員】
日本電気株式会社 データサイエンス研究所 上席主席研究員 森永 聡氏(神戸大学数理・データサイエンスセンター客員教授)を中心として、同社の研究者による講義を行う。
【開講形態】
WebおよびZoomによる開講(予定)
【履修登録方法】
うりぼーネットから履修登録してください。
※コンソーシアムの認定を希望する方は別途申請が必要です。
【参考】
昨年度の講義はこちらをご覧ください。
【講義内容】
日時 時限 内容
2022/11/22(火) 3時限目 イントロ:機械学習とは何か?/自然言語処理
4時限目 予測分析
5時限目 処方分析、最適化
2022/11/24(木) 3時限目 異常検出
4時限目 音声認識
2022/11/25(金) 3時限目 画像認識
4時限目 AI間交渉、まとめ
5時限目 授業振り返り、予備

特別講義「データサイエンス特論2」

【日程】
2022年11月8日(火)~11月10日(木)
【対象者】
全研究科の大学院生(修士・博士課程)
【単位数】
1単位
【担当教員】
産業技術総合研究所人工知能研究センター首席研究員 本村 陽一氏(神戸大学客員教授)と企業のデータサイエンティスト、エキスパート(安松 健氏、阪井 尚樹氏)による講義を行う。
【教室】
(11/8)理学研究科Y棟202/203教室
(11/9)理学研究科Y棟202/203教室
(11/10)理学研究科Z棟201/202教室
【講義内容】
日時 時限 内容
2022/11/8(火) 3時限目 オリエンテーション
AI技術活用のための認知科学(講義+ケーススタディ)
4時限目 AI技術活用を企画する①
ユーザー・インサイトを理解する(グループワーク)
5時限目 AI技術活用に取り組む②
活用方法を具体化する(グループワーク)
2022/11/9(水) 3時限目 事例解説、PBLワークショップ(AI技術社会実装シナリオ1)
4時限目 PBLワークショップ(AI技術社会実装シナリオ2)
5時限目 まとめ
2022/11/10(木) 3時限目 AI技術・AIツール
4時限目 企業でのAI活用事例
【履修登録方法】
うりぼーネットから履修登録してください。
※コンソーシアムの認定を希望する方は別途申請が必要です。
【参考】
昨年度の講義はこちらをご覧ください。
イベント