データ関連人材育成関西地区コンソーシアム

受講を希望する方へ

What's new

2019-05-09
2019年度の開講科目情報を更新しました。

過去のニュースはこちらの"[関西地区コンソーシアム]"と記載されたニュースをご参照ください。

受講者募集中科目

【Aコース】

大阪大学講義
機械学習のための数理とRプログラミング(期限:6月下旬)
スパース推定の数理と機械学習への応用(期限:6月下旬)
多変量解析入門(期限:6月下旬)
データ科学(機械学習)(期限:6月下旬)
データ科学と意思決定(期限:6月下旬)
神戸大学講義
データサイエンス特論1(期限:10月14日)

【Bコース】

奈良先端科学技術大学院大学講義
データサイエンスPBLⅠ(期限:5月31日)
神戸大学講義
実践データ科学演習A(期限:6月下旬)
実践データ科学演習B(期限:6月下旬)
データサイエンス特論2(期限:10月14日)
データサイエンスコンテスト型PBL実習(期限:10月14日)
日本総研×神戸大学 オープンイノベーションワークショップ 「金融ビジネスと情報システム工学」(期限:10月14日)

受講対象者

協定大学(※)所属の大学院生(修士・博士)、社会人

※大阪大学、和歌山大学、滋賀大学、奈良先端科学技術大学院大学、神戸大学

2019年度開講科目(抜粋)

開講科目一覧

*上記は、協定大学で開講される講義の一部です。

*「機械学習のためのRプログラミング」「スパース推定の数理と機械学習への応用」は、e-Learning開講科目です。

*本プログラム登録者は、プログラムで提供するe-Learningコンテンツを自習用に利用できます。

*Bコース科目として、インターンシップ(大阪大学開講)もあります。随時、ガイダンスを行います。ご関心のある方はお問合せください(インターンシップは大学の単位として認定されません)。

*他大学開講講義を受講する場合、交通費の補助を予定しています。

*Bコースのインターンシップを履修し「認定証」の発行を受けた博士課程後期課程在籍者のうち、履修条件を満たした方には奨励金の支給を予定しています。


データ関連人材育成プログラムの履修について 開講する授業科目

受講登録方法

神戸大学所属の大学院学生(修士・博士)の場合

  1. こちらのフォームから、必要事項を送信する。
  2. 返信メールに記載の手順に従い、受講の申請を行う。
  3. コンソーシアムHPから、受講登録を行う。関西地区コンソーシアム受講登録方法

※受講する際には、「学生教育研究災害傷害保険」および「学研災付帯賠償責任保険」の加入が必要です。ご自身が保険に加入しているかどうかは学生支援課(鶴甲第1キャンパス 学生センター内1階)または所属研究科の教務学生係までお問い合わせください。


他大学所属の大学院学生(修士・博士)の場合

 所属大学の定める受講登録方法に従い、受講登録を行ってください。


社会人の場合

 一般社団法人 数理人材育成協会(TEL.06-6850-8293)までお問い合わせください。


※希望者多数の場合、定員の関係上受講を認められない場合がございます。


問い合わせ先
こちらのお問い合わせフォームからお願いします。
関西地区コンソーシアム