センター概要

センター長挨拶

神戸大学数理・データサイエンスセンター長 齋藤 政彦

神戸大学数理・データサイエンスセンターは、第4次産業革命が社会の様々な分野で進展する中、データ駆動型社会を牽引するイノベーション創出型人材を輩出する事、企業や自治体との連携を活かした先進的な研究とその成果を社会実装する事により、関西地区そして国内外のデータイノベーションの推進を目的に、2017年12月1日に設立されました。

データサイエンスは、数学、統計学、プログラミングを基礎として、人工知能技術やビッグデータの活用が、様々な分野で、課題解決や新しい価値を生み出すと期待されています。ビッグデータは21世紀の石油資源であると言われており、また、世界の時価総額のトップ5社が、すべてグローバルIT企業で占められている事も周知の通りです。

一方、データサイエンスは、まだ確立した学問ではなく、数学・統計学、プログラミング技術、そしてそれぞれの専門技術が連携しあいながら、新たな価値を生み出していくと予想されますが、その方向性は定まっていません。ここでは、データサイエンス分野で先行する企業や、国内外の大学とも連携して新しい価値や学問体系を生み出していく必要があります。

学内の教職員・学生に分野を超えてご協力いただき、教育と研究の可能性を広げながら、全学的な数理・データサイエンスの教育と研究の推進のためのプラットフォームを構築し、学外の様々な方々と組織対組織で連携するオープンイノベーションを目指してまいります。
皆様の寛大なるご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

数理・データサイエンスセンター長
齋藤 政彦

センター概要