神戸大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム(応用基礎レベル)

神戸大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム(応用基礎レベル)

神戸大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム(応用基礎レベル)とは

神戸大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラムとは、今後のデジタル社会において、数理・データサイエンス・AIを日常の生活、仕事等の場で使いこなすことができる基礎的素養を主体的に身につけること、そして、学修した数理・データサイエンス・AIに関する知識・技能をもとに、これらを扱う際には、人間中心の適切な判断ができ、不安なく自らの意志でAI等の恩恵を享受し、これらを説明し、活用できるようになることを学修目標としています。応用基礎レベルでは、自らの専門分野への数理・データサイエンス・AIの応用基礎力の修得を目指します。

学生が身に付けるべき能力

数理・データサイエンス・AIを活用して課題を解決するための実践的な能力を育成するために必要な知識及び技術を体系的に修得する。

履修方法

このプログラムを履修するために特別な手続きは不要です。通常どおりの履修登録をしてください。

修了要件

【コア科目(2単位)】データサイエンス概論A(1単位)/データサイエンス概論B(1単位)
【選択必修科目】各学部学科ごとに異なります。

文学部 国際人間科学部 法学部 経済学部 経営学部
理学部 医学部 工学部 農学部 海洋政策科学部