ニュース

リテラシーレベルの教科書「データサイエンス基礎」を2021年3月19日に発行しました

装丁写真

新しいデジタル社会に対応した人材育成のための「数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラム」を踏まえたリテラシーレベルの教科書「データサイエンス基礎」を発行しました。

様々なデータを適切に読み解き,分析する力を身につけられるように,まず,私たちの生活のなかでビッグデータやAI技術がどのように活用されているかを紹介したのち,各種データの扱い方や表現方法,Excelの操作等を身近な例を使って説明し,データ解析の基礎となる確率と統計や,AI技術を支える機械学習について具体的な例を用いてわかりやすく解説しています。

さらにデータを扱う際の留意点やデータに関する法律,倫理,個人情報保護の考え方についても述べ, AI技術の進展や実社会でどのように応用されているか等,最先端の話題にも言及しています。

また、総合科目Ⅱ「データサイエンス基礎」の講義内容に沿った構成で作られています。文系・理系を問わず、数理・データサイエンス・AIの基礎を学ぶことが大学・高専における新しい教養となりつつあるこれからの時代において、この本が一つの道しるべとなれば幸いです。ぜひご一読ください。

書籍名
データサイエンス講座1「データサイエンス基礎」
著者名
齋藤政彦・小澤誠一・羽森茂之・南知惠子 編
目次および執筆者一覧
タイトル 執筆者 執筆者所属
はじめに 齋藤 政彦 神戸大学 数理・データサイエンスセンター
第1章 社会におけるデータ・AI利活用 平田 燕奈 神戸大学 数理・データサイエンスセンター
第2章 データリテラシー 光明 新 神戸大学 数理・データサイエンスセンター
第3章 データ・AIを扱う上での留意事項 小川 賢 神戸学院大学 経営学部
第4章 確率と統計 光明 新 神戸大学 数理・データサイエンスセンター
第5章 実践データサイエンス(機械学習) 為井 智也 神戸大学 数理・データサイエンスセンター
第6章 社会における数理・データサイエンス・AI(1)
―機械学習の現在・過去・未来
上田 修功 理化学研究所 革新知能統合研究センター
NTTコミュニケーション科学基礎研究所
第7章 社会における数理・データサイエンス・AI(2)
―ビジネスにおけるデータサイエンス
森永 聡 日本電気株式会社 データサイエンス研究所
第8章 社会における数理・データサイエンス・AI(3)
―人工知能技術と社会実装の取り組み
本村 陽一 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
人工知能研究センター
おわりに 小澤 誠一 神戸大学 数理・データサイエンスセンター

出版社関連リンク

出版社
株式会社 培風館
ISBN
978-4-563-01610-4
ニュース