数理・データサイエンス・AI教育プログラム

数理・データサイエンス・AI教育プログラムについて

1年次では「データサイエンス基礎学」と「情報基礎」を履修し、神戸大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル[文部科学省認定 MDASH Literacy]の修了を目指して下さい。そして、数理・データサイエンス・AIの知識を深めるために「データサイエンス概論A・B」と各学部・学科で指定された科目を履修し、応用基礎レベルの修了を目指します。データサイエンティストを目指したい人は「神戸データサイエンス操練所」で、より高度なAI技術を学び、企業共同研究等で本物の課題解決にも取り組めます。

レベル別一覧

プログラム概要

数理・データサイエンス・AI教育プログラムは、入学年次によって対象となる科目が異なります。ご自身の入学年度を確認の上、履修してください。

リテラシーレベル(初級)

2022
2021

数理・データサイエンスセンター提供の対象科目

応用基礎レベル(中級)

数理・データサイエンス・AI教育プログラム(応用基礎レベル)の対象は、2022年度以降入学生です。
2021年度以前の入学生は数理・データサイエンス標準カリキュラムコースが対象となっています。

2022

数理・データサイエンスセンター提供の対象科目

上級レベル

神戸データサイエンス操練所は、入学年度に関係なく参加することができます。

2022

関連リンク

神戸大学 数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル[文部科学省認定 MDASH Literacy]